イレンは死んだ、ため息だけ

血液ガス分析の重要性を示す2つの例!


患者1、肺炎、感染性ショック、pH7.31、PO2 50mmHg、PCO2 9mmHg、BE -6mmol/L(正常>-2.3)、HCO3- 16mmol/L(低下)、AG 15mmol/L(正常<16)。

基本的な分析:pHの低下は分解性アシドーシスを反映し、PCO2の低下は呼吸性アルカローシスを反映し、BEの低下は代謝性アシドーシスを反映します。正常なAGは、高AG代謝性アシドーシスをサポートしません。

normal blood gas levels病因:患者は敗血症性ショックを受けており、代謝性アシドーシスが主な原因であると考えられる。 誤嚥性アルカローシスは一次性か二次性か? 吸入性アルカローシスでは、pco2が限界の10mmol/lまで低下し、pco2が限界の9mmhgまで低下することから、吸入性アルカローシスも主たる原因であると考えられる。 肺炎や低酸素症により呼吸困難に陥り、pco2が低下しました。

患者2、慢性呼吸不全を伴う肺性心疾患、pH7.34、PO2 40mmHg、PCO2 76mmHg、BE 5.4mmol/L(増加)、AB 46mmol/L、Ag 31mol/L(増加)。 カリウム+2.5mmol/L、塩化物82mmol/L。

基本的な分析:ph<7.35はアシドーシス、pco2>45mmhgは呼吸性アシドーシス、be>2.3mmol/lは代謝性アルカローシス。

病因:呼吸性アシドーシスに対抗するために、体は自動的にHCO3-を増加させて腎の再吸収を調節し、二次的な代謝性アルカローシスを引き起こし、その結果、バランスをとる。 しかし、二次代謝性アルカローシスの代償能力により、実際の重炭酸(AB)は最大でも45mmol/Lまでしか上がりません。

この患者さんのABは46mmol/Lですから、正確には二次性代謝性アルカローシスではなく、低カリウム血症と低クロルヒドリン血症による真の代謝性アルカローシスで、AGの上昇、代謝性アシドーシス、重度の組織低酸素症が見られます。 そのため、診断は呼吸性アシドーシス、代謝性アルカローシス、代謝性アシドーシス、分解性アシドーシスとなります。

注目の記事:

血液ガス分析による呼吸不全の判定は?

血液ガス分析入門:動脈血ガスをマスターして、呼吸不全をどう判断するか?

血液ガス分析の以下の指標は、一般的な代謝異常を判断するのに使用できます!

血液ガス分析で役立つ4つの方法、ブックマークしておこう

血液ガス分析装置は何をするもので、どのように使用するのですか? 続きを読む!

坐骨神経痛の5つの原因と5つの予防法、あなたは全部覚えていましたか?


1.脊髄や脊髄坐骨神經痛中醫の病気によるもの 脊髄腫瘍や脊髄炎による腰痛など。

2.は、心理的な要因です。 客観的徴候のない腰部障害を訴えることもあるヒステリー患者や、客観的な検査や主観的な語りが生理学的な解剖学や病理学の知識では説明できない患者では、この腰痛がヒステリーの症状として現れることが多い。

3.内臓の病気が原因です。 例えば、子宮とその付属物の感染や腫瘍は腰仙部の痛みを引き起こし、しばしば対応する婦人科の症状を伴います。

4、中国の脊椎の骨と関節のシステムの障害と、その周囲の進行軟部組織への影響が原因。 局所組織の損傷による打撲、捻挫、出血、浮腫、癒着、筋弛緩痙攣など。

長時間座っている友人は、テーブルと椅子の高さを調整しようと注意を払い、座ってテーブルの高さは、股関節の屈曲と膝の屈曲を約90度に保ち、長時間の作業は腰痛や疲労度につながりません。

坐骨神経痛の治療について

1.坐骨神經痛治療は特定の病気ではなく、通常は坐骨神経が臀部から太ももに沿ってふくらはぎまで通っており、この部分が坐骨神経であることから、坐骨神経痛と呼ばれる臨床症状に過ぎません。 2.坐骨神経痛の最も一般的な原因は、腰椎の病気、特に椎間板ヘルニアが神経を圧迫することです。

2.そのため、坐骨神経痛を治療する際には、まず原因を探ることが大切です。 腰椎椎間板ヘルニアの場合は、椎間板ヘルニアの程度に応じて適切な保存療法を選択する必要がある

急性期には、患者の活動性を低下させ、浮腫を避けるために、ベッドレストや硬いベッドでの休養をとる必要があります。

4.初期の段階では、坐骨神經痛ベッドでの牽引治療は、腰を持ち上げたりひねったりするような、対応するリセット治療を避けるのが一般的です。 同時に、消炎鎮痛剤、栄養剤、筋弛緩剤などの対応する内服薬を併用します。

5、重度の椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、外科的治療が必要です。

坐骨神経痛の予防

1.正しい座り方をする オフィスの椅子にはクッションを置いて腰を楽にしてあげると良いでしょう。

2.あまり長く座っていないこと。 1時間ごとに立ち上がって歩き回り、頸椎と腰椎を完全にリラックスさせる。

3.クロスの少ない「本足」。 足を組むと背中の筋肉や靭帯の疲労度が増すので、パソコン作業をするときは足を地面につけるのがベストです。

もっと運動してください。 例えば、水泳は腰の筋肉を鍛えることができます。

5.寒さと湿気を防ぐ。特に運動後の発汗は、絶対に冷やさず、乾燥した状態を保ち、冷たく湿った地面に長時間座ったり横になったりしないこと。

坐骨神経痛の予防は一般的です。 坐骨神経痛になる患者さんの多くは、生活の中でこのような細かい点に十分な注意を払っていないからです。

注目の記事:

坐骨神経痛は必ずしも腰椎の病気ではありま坐骨神経痛の主な原因は何ですか? 患者さんは早めの準備が必要です!

坐骨神経痛の自己解決、坐骨神経痛の予防法は? 早く読んでください!

坐骨神経痛にはどのような特徴がありますか? この病気を見分けるには、この3つのポイントを知っておきましょう!

子供がよくおねしょをするのですが、親がこの7つのコツをマスターすると、子供のしつけから、すぐにコツがわかりますよ。

子どもの夜尿症について親が知っておくべきことは? この4つの要因が原因かもしれません。