親の念を押す

私はすべての子供の生活少年は、あると旦那小さな言語治療村に過ごし、それは私の記憶の生息地夢の背景この苦難に満ち場所と艱苦、人々は相互に対応するから自然と生きる様々な挑戦民風素樸で同様に山間の清渓

を信じて山に簡単な道理、それは親無し因果路修は最も善行を積むこと小さい時、私たちは学校へ行く途中ある人修理して1段道が崩れてあるいは流すの山津波敦子”が新たによく敦子並んで川に高い水面の專才教育 きいがあり、それを踏んで川を渡る人々時には敦子まだれんがをいい婦人と子供まであのは仕事の手止め、まず子どもや婦人の背中で川を渡るこんなことは代々伝わって影響を与える人々の品行は生き見本

その時の旦那、識字の人が多くないのは、オフィス少ないお正月のとき、山地の住民するよりしかたがない何粒の卵、歩いて数書き組の対聯を貼って、求人窓枠に、図めでたいに至っては書いたかどうか、ユナ嫩膚療程イテッド言志無視するある年、我が家の対聯は「疾風怒濤雲水怒り中国を揺るがして嵐の、私は見分け対聯の内容の時、居合わせた大人顔をして、わけが分からない