秋になった

 秋風がぶるぶる、暗い夜眠れない、心年月日、独、任風が吹いて、聞いて清曲抜いてあなたの顔韻、一曲憂い奏でる音は前世錯乱の章1筆の思、ひたむきなまみれ、千年を送る縁、誰にreenexいて天涯

花は、秋時明月、いつか終わりか?の瀋殿物、また何人心を知る西楼何行、東風さらさらと思いながら明るい月が中天にかかる、星はぼんやりして、落下の断片はばらばら迷った人間いくらばか者

以前の美しい醉梦回は、誰かの囁きひそひそと定格reenex時間、誰の刻まれてを変えなくて、歳月は無痕、誰の期待を寄せて言葉が懇ろ楼台静水のほか靑山いくら心配する刻む骨、あぜ道紅塵、浮生知っていて、私に深くますか?

有名でない今夜、心を静めて喜ぶせっかく今、は水のようにわたしがきらめく美しい中に、心を想いそっと飛ばし、星河を越えて広大に到着し、ある収容胴体の地誰も邪魔思いどおりに沿って3じんぜん数年、铅华洗い連れ去ってようやく余裕こと

振り返る年回り歳月、割れてもし気になっreenex時間、または淺い深い、結局花のに注目されて、以前の輪廻過ぎ帰れないのだろうを転々としたくさんの金を使い果たすする